さめしま眼科

(医)恕心会 さめしま眼科 SAMESHIMA EYE CLINIC

HOME»  白内障・緑内障について

白内障・緑内障について

白内障とはどんな病気?

白内障は水晶体が濁る病気ですが、白濁したり、褐色になったり色々タイプがあります。
症状としては
①眩しい(特に逆光の場合:夕日や、夜間の対向車のヘッドライト)
②かすむ→視力の低下
③近視化(褐色白内障の場合) 
④見えにくいと自覚されましたら手術を考慮します。

  白内障

 

  当院開業から2006年までと、2007年から2014年まで、及び2015年から2019年の白内障手術症例数(眼)をまとめてみました。
平均年齢はあまり変わりませんが、超高齢者、更に糖尿病や心臓病、脳疾患やその他合併症を伴っている患者さんが多くみられます。
外来手術が約7割ですが、近くの入院施設(慈愛会いづろ今村病院)のベッドをお借りして約2泊(単眼のみ)の入院も可能です。入院施設からの送迎があり、安心して手術に臨めます。

 
 

白内障手術~2014

白内障手術の件数 2015年~2019年 
 

cat2019

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術について

これまで患者さんの生活や仕事に合わせ、多焦点眼内レンズを選択し手術してきました。
多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、2020年3月まで先進医療が適応されていました。
2020年3月までを一区切りとして、これまでの手術件数をまとめてみました。

多焦点眼内レンズは進化し続けています。今後も適応を見極め、手術を続けていく予定です。

multi2020,3

 

 
 多焦点眼内レンズの適否につきましては、精査して決定しています。
 
 
 これまでの実績から、多焦点眼内レンズを選択される方は、白内障手術を受けられる全体の患者さんと比較すると、10歳程度若い傾向が見られるようです。


主として当院で使用している「多焦点眼内レンズ」には、

2焦点(2.5D~4D付加のもの) 
EDOFレンズ(遠くから50cm位までシームレスに見える)・・・グレアが少ない。ゴルファーには最適
3焦点レンズ・・・令和元年8月登場。遠方から近くまで明視域が広い。

があります。適応については、診察時、判断します。

 

白内障についてのリンクページ

参考になります
日本眼科医会のホームページから:白内障について

 

当院での白内障手術風景

当院での白内障手術風景

 

落ち着いた室内ミュージックの下、無駄なく手術が行われていきます
手術は大きな窓から見学できます

 

平成23年3月より最新機器の「AMOのSignature」を使用しています。 
超音波チップの振動は縦と横を効率良く組み合わせ、核片の散乱を防ぎます。
難症例の堅い核であってもより安全で、確実な手術が期待できるマシンです。


白内障手術器械

 

VERION(白内障手術ガイドシステム)

        白内障手術ガイドシステムVERIONを導入致しました。
    これにより乱視矯正眼内レンズ挿入時など、より高い精度の手術ができるようになりました。

 verion

お問い合わせ

お電話でのお問合せ

 

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 2:00~6:00

*日曜、祭日は休診(当番日を除く)
*月曜午後3時から、及び水曜午後は手術を行っています
*水曜午後は代診です