さめしま眼科

(医)恕心会 さめしま眼科 SAMESHIMA EYE CLINIC

HOME»  診療器材

診療器材

眼底カメラ、レーザー機器

眼底カメラ、レーザー機器

 

左から眼底カメラ(蛍光眼底撮影も可)、YAGレーザー照射器(後発白内障の治療等)、マルチカラーレーザー(網膜光凝固等)

 

ゴールドマン動的視野計

ゴールドマン動的視野計

 

一般的な視野計測の器械です。

 

ハンフリー静的自動視野計

ハンフリー静的自動視野計

 

視野の細かい変化をチェックできます。主に緑内障の経過観察に用いられます。

 

RS-3000 Advance

RS-3000 Advance

 

網膜の断層撮影が可能であり、最近増加している黄斑部疾患や緑内障の評価が可能である。機種を変更しました。

 

角膜形状解析装置

角膜形状解析装置

 

角膜の歪みの観察をします。不正乱視や円錐角膜の診断に有用です。

 

角膜形状・屈折力解析装置(OPD)

角膜形状・屈折力解析装置(OPD)

 

眼球全体の屈折状態を測定し、眼鏡等で補正できない収差の解析も行うことが出来ます。最新の機種に変更しました。

 

角膜内皮細胞測定装置

角膜内皮細胞測定装置

 

角膜内皮細胞の状態を観察します。特に白内障等の手術前・後の検査に用います。

 

超音波Aモード検査装置

超音波Aモード検査装置

 

眼軸長の測定(白内障術前検査としては必須)に用います。

 

超音波画像(Bモード・UBM)検査装置

超音波画像(Bモード・UBM)検査装置

 

眼底観察が困難な場合は、眼球内の観察に用います。UBM(左画像に表示)は前眼部の詳細な観察に有用です。閉塞隅角緑内障の病態解析にも用いられます。

 

IOLマスター

IOLマスター

 

眼軸長の測定(白内障術前検査としては必須)に用います。超音波Aモードと目的は同じですが、光線での測定出来、短時間で正確な測定が可能です。ただ進行した白内障の場合、測定出来ないことがあります。

 

お問い合わせ

お電話でのお問合せ

 

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 2:00~6:00

*日曜、祭日は休診(当番日を除く)
*月曜午後3時から、及び水曜午後は手術を行っています
*水曜午後は代診です